約半年で月商100倍って本当?!信じられない私の実話です。

不調を手放し永遠なる美しさを目指す
エターナル・リンパドレナージュ
セラピスト植田です。

 

本日はエターナル・リンパドレナージュ
伝承者個別相談をしておりました。

『女性一人が従業員を雇わずに

月商7桁も稼げるなんて
想像もつかないのですが、
本当なのですか?』
 
 
 
といった質問からスタートしました^ ^。
 
 
 
 
この疑問は
つい7ヶ月前まで
私自身が思っていたことだったので

すごくよくお気持ちがわかります!!

そんな私が
約半年で月商100倍!!

約半年で月商400万!!

に到達したんですから
私が一番驚いています。
(物販などは一切ありません。)

 
 
 
先ほどの相談者の疑問に戻りますが、
 
 

私はビジネスのビの字も
知らない

企業のきの字も知らない

週2〜3日パートをしながら、
週2〜3日働くセラピスト主婦で、

¥37000の月収からスタートしたので

すーごくよく分かります。

 
 
 
子供の学費や生活費や
食費や、名前のない色々な費用が
この先どれくらい必要か

相当かかるということだけは
把握できていたんです。
 
 
 
 
私が年金をもらえる年齢になる頃には
おそらく年金は出ないと
思った方が良いことも

夫の財力だけに頼っていると
もし夫に何かあった時、

 
 
 
 
私が子供を育てるだけの
経済力がないと生活できないこと
 
 
 
 
そこにも不安がありました。
 
 
 
 
それだけではなくて、
 
 
このままでは自分のために
心からほしいと思えるほどの
自由な時間や
経済的な豊かさがないので

 
 
働く時間を限界まで
増やしてもみたけれども

大して収入は変わらなかったんです。

 
 
 
 
変わったのは更に
時間がなくなったこと
 
 
体も心も
疲労でヘトヘトになったこと
 
 
 
のみ!!
 
 
 
なんでこんなに頑張っているのに
状況が変わらないの?!
 
 
 
とコンサルタントを探し
お願いすることになったのですが・・・
約半年お世話になり、
集客できたの人数は0!!

 
ゼロって!!

それほど、集客することは簡単ではない
ということを学ぶことができたんです。

 
 
そしてそこから
クーポンサイトを頼り
今度はお客様の数は増えたのですが
働いても働いても
低価格競争に巻き込まれて

 

1時間¥3900まで下げた
クーポンで集客することが
普通になってしまい、

10人施術しても
10時間施術しても

売り上げどころか
クーポンサイトの掲載料を
払うためだけに働く
という形になってしまったんです。

 
もう・・・
何やってるんだかわからない・・

 
 
大好きなはずの施術が
疲れるだけの毎日に変わり、

女性を輝かせたい!!
と想いが強いだけでは
思い描く自由は
手に入らないことが分かりました。

だからこそ!!
今度こそ本物の!!
一流の集客のプロから学ぼうと決めたんです。

 
 
 
 
それが私の師、長瀬葉弓さんなのですが
大都会東京にいらっしゃる
すごいプロデューサーに
会いに行くということ自体

 
普通の主婦にしたら
大きな大きな勇気が入りました。
 
 
 
アイドルになりたい
地方の女子が
大プロデューサー秋元康さんに
会いに行く!!

そんな気持ちでしょうか・・
ど緊張でした・・・

 
ですが今想えば、
あの時勇気を出して良かった!
と自分を褒めています^ ^
 
 
 
なぜなら、約半年前の
私より大きく大きくもがきながらも
変化できているから。
 
 
 
月商が100倍になったことも
そうですが、

感動の施術を研究・実践し
お客様に手渡すことを

教えていただいたこと
 
 
 
それが1番大きいんです。
 
 
 
最初の質問のように
月商7桁なんて想像もつかなかったけれど

技術を研究し磨き、
悩んでいるお客様に
手渡す!!

それが売上という形になっただけ。

 
 
私が7ヶ月前はダブルワークの
普通の主婦からスタートして

今があるように、
今もしあなたにも
以前の私と同じ悩み

 
✔セラピストをしていても月10万円も稼げない
✔技術に自信がない
✔お客様が来なくて悩んでいる
✔ウェブ集客が全くわからない
✔月商7桁稼ぎながら自分も幸せになれる働き方がしたい
があって人生を輝かせる働き方がしたいと
想われている方は、
 
お客様に喜んで頂けて
心も経済的な豊かさも幸せも手に入る
 
 
エターナル・リンパセラピスト
個別相談でお悩みを
聞かせてください!
セラピスト募集.003.jpeg

 

とっておきのお悩み解決策を
お渡ししたいと想います!

 

 
本日も最後までお読みいただき
どうもありがとうございました!